皆さん知っていますよね。
BLTステーキ。あのトランプホテルの1階です。

ウルフギャングとルース、と双璧となすといられる言わずとしれた
ステーキハウス。

ウルフギャングの翌日にいくという贅沢してきました。

で。


ステーキの感想の前に、、、

ポップオーバーって知っていますか?

ポップオーバー 
=はじけて飛び出る



という名のパンです。


見た目は、このような外はカリッと中はフワッと。



poppop_Fotor


正直申し上げると、所詮お通しでしょ。と甘くみていました。

一口食べてびっくり。

カリ、フワッ、そして別添えのバターの塩気と少々の甘み。

激うまです。

成人男性の手のひらぐらいの大きさが実際にはあるのですが、ぺろりです。



後で、調べてみたら、なかなか今日本でもブームになっているとか。。(浅い)

ここでまさかのまぁまぁおなか一杯になるという鬼門の脅威のお通しであることは間違いないです。

さて、肉です!

いつものフィレミニヨンを、初めて知ったミディアムウェルで。(ここだけ急にデリケートですね)



こんな感じ!! 雰囲気満載。

BLT-2_Fotor




BLT-1_Fotor

文句無く美味しいです。

こちらも外はカリッと香ばしいですが、中からはジュワッと肉汁が。

噛み応えと柔らかさのバランス、赤みと油のバランス。

全てが絶妙に組み合って、一生食べれると思いました。


個人的には BLT 〉ウルフギャングです。
(前日ウルフギャング行きましたので、記憶あります!)







そして別発注のポテト。安定に美味さ。

ポップオーバーの腹持ちの良さと戦いながらも、完食です。


BLT-3_Fotor

大満足のやしの木5つです。


review_4
俺たちの格付け:5