変化球である。

書く事がなくなったわけではない。

ただ、ハワイで住んでみて感じた、"あるある”を書いてみようと思う。

箸休めだと思って、ご容赦ください。
100個まで続けますので!


①夜のスプリンクラーが水量異常な件。
おいしいご飯を食べて、(もしくは飲んで)ルンルンで家に歩いている時、
突然足下に現れるコヤツ。

ハワイスプリンクラー_Fotor



 

















気持ち良さそうに、回転しながら、放流している。

水流が凄い。草木はもとより、道がびちょびちょ。

いや、彼に悪気はないだろう。
やるべきことを飄々とやっている。設定が間違っている。
普通に濡れるってば。雨かよ!

24時前後が危ない。
至る所で、びちょびちょ。ちょっと帰り道をブルーにさせるので、要注意。


②「いや、俺も押したし!」信号ボタンの件
ご存知であろう。
歩行者用ボタン。この押し方で性格がわかるというのもあるが、、
(すごーくガンガン連打する人いますね。)

信号を待っているとする。横断歩道からちょっと離れたところで待っている。
勿論ボタンは押している。

後ろから人が来る。
(恐らくこいつ押してんだろうなと想像し、)淡々と待つ彼。

中々変わらない信号。

彼は、ちらっとこっちを見て、
"押していないんか!自分!!素人か!"
と声にならない声をあげる。


いや、押してるし!!!(もうすぐ変わるし!)

という下りが時々ある件。ちょっと気まずい。

だから、他人を信じて、重ね押しは少なめにしましょう。





これぞという'ハワイあるある!募集してます!