今日の内容程、ハワイに関係ないことはないのだがご容赦頂きたい。
(恐ろしく薄い関係が唯一あるがそれは最後に)

昨日UFCのビックイベントがラスベガスで会ったのだが、
思わず涙がこぼれるくらいのエンターテイメント感を
見習うべき"現代"のビジネスを具現化していることを強く感じたので、書き記したい。
(詳しいUFCはこちらから。大変ワイルドです)
https://ja.wikipedia.org/wiki/UFC


ufc-1⑤オンラインストリーミングサービス 定額で昔の試合、オリジナルコンテンツが見放題。
ufc-2


まずビジネスモデルの特長として、大きく2つ上げられる。
A:キャッシュポイントの多さ

①イベント収入(会場のキャパにもよるが平均12,000-13,000名)
現状、月2回程大きい大会が開催される。

②放映権収入:メジャーな局であるFOXで放送中

③PPV収入:月に1回の大会は日本円で平均7000円払わないと見えない強気な設定。しかし、
人気の試合になると、54万件売れる。

④グッズ含むマーチャンダイジング収入:アパレル/ゲームなど多彩な展開

⑤オンラインストリーミングサービス 定額で昔の試合、オリジナルコンテンツが見放題。

⑥スポンサー契約:メインスポンサーとしてリーボックと複数年契約中。

まさに、ワンコンテンツマルチユースを体現したマーケティングの教科書に
出てきそうな素敵な展開
です。

総じて、2013年現在で、売上げは515億円。今年はさらなる増加が見込まれています。

B:グローバル化とローカライゼーション
今年の9月に日本でも大会が行われたように、アメリカからスタートした
大会はアジア、ヨーロッパ、南米と広がっています。
並行して、各国での選手の発掘にも力を入れるという戦略を実行することで、
各国の選手にファンの思い入れを作りつつ、知名度を広げています。
今では、選手が国旗を纏って入場することで、ナショナリズムも煽っています。

エンターテイメント感:とにかくエモーショナルなドラマ作り。
CM/無料で見れる選手達の選手前の緊張感溢れる映像、
https://www.youtube.com/watch?v=cFAMxmPDEFE

会社の社長や選手のTwitterでの投稿。
(社長:尊敬してます)

Dana-White-UFC-144-pre-press-3


そこには選手の家族があり、戦いに懸ける思いがあり、人生がある。
それらを全てぶつけあうリング。そこにいる勝者と敗者。
これぞ本物のドラマだと感じざるを得ません。
応援しないわけにはいかないのです・・・

そして、この人をみてもらってかっこよくないと感じない人がいたら教えてほしい、、、
カリスマ。やる事成す事かっこいい。その名もコナーマクレガー。
コナーマクレガー2


コナーマクレガー1



いつか、UFCがビジネススクールのモデルケースになる日
も近いと確信しています。

とにかく一度見て頂きたい。。WOWOWで見れます!

最後にハワイオアフ島出身の選手です!(やっと繋がった!)
昨日も完勝で、タイトル戦も見えてきました!

 max