プラスがあれば、マイナスもあります。
特にこれから移住を考えようと思っている方は大小おり混ざっていますが、
お気をつけ下さい。

残念賞

1:歩行時に突っ込んでくる右折の車(ショート)

こっちのルールでは、信号が赤でも右折可能なところが多いので、
やんちゃな車は、ほぼスピードを落とさず突っ込んでくることがあります。
道を渡る際は、まず左。体で覚えましょう。
右折の車には要注意です

2:ノーウィンカーの車線変更(ライト)
1番、2番は車関係です。
出塁率が高そうです。
免許取得のレッスンに教えていないんかと思うほど、
こっちの車はほぼほぼウィンカーを出しません。
車の挙動から判断するしかないのですが、何をそんなに面倒くさがる
理由があるのかわかりません。
片手でチョイで、チカチカするのに。


3:賃貸の家がなかなか見つからない。無い。(キャッチャー)
クリーンナップは住居関係です。多くの家を買えない日本人の悩み。
いい家が無い。不動産賃貸業もそこまで活発でない。。
腹を括って、クレイグスリストとうまくやるしかないです。



4:ワイキキの家賃/食費(ピッチャー)
エースで4番です。家が見つかったとしても。。。
コストが高いというは相対的なのは理解していますが、
ここが生活をジワジワと苦しめます。
NYもSFも特に家賃が高騰しているとよく聞くので、
アメリカ全体で都市へ人が集まっていて、需要と供給の問題なのかなという気もします。

5:喧嘩した時のカップルの声が大きすぎる。(センター)
きちんとしたホテルの部屋でも万が一、隣のカップルが喧嘩したならば、
それは壁をすり抜けます。
まるで映画のような、アグレッシブな言葉の言い合い。
モノが落ちる音。
よくここから仲直りするものだと感心します。


6:英語が通じない時の大きな声で聞き返される「ハァ?」(サード)
慣れればどうってことないですが、
最初は悲しみさえ覚えました。
「Huh??????」


7:ビッグココローチ(ファースト)
いるいるとは聞いていましたが、、、
異常にデカくてテカテカの黒光り。
日本より心無しか筋肉質にも見えます。
いずれ慣れるとは聞いています。。。



8:仕事の電話で名前を名乗ってくれない。(セカンド)
HI,●● please がほぼほぼ第一声です。
それが文化だしノーマルだと言われたらそれまでなのですが、
「●●から電話だよー」と伝えて、電話を変わりたい我々(こっちの人は違うのでしょうか)
にしたら、1ハードルあります。
そして、悲しいかな、名前は聞き取りづらいことも多いのもこれまたあります。


9:覚えられない増えていく小銭(レフト)
ほぼこっちの問題ですが。
いつまで経っても覚えられません。→使えません。→増えていきます。
大きなスーパーに小銭をexchangeしてくれるマシーンがあるので、そこに放り込むのみです。



あとはお子さんがいると、学校の問題だったり、
病院の問題だったり出てくると思うのですが、
こう並べてみると、プラスの9つの打線が凄いことに気づきました。

住んでみるものです。