タイトルがタイトルなのですが、決して病気になったとか、鬱だとかではなく

一つのビジネスとして
ハワイで'死’を迎えることを考えるのはどうかなと思っています。

日本に目を向けると、今後より高齢化が進んで行くにつれて、

・自分の望む死に場所 ⇄ それを受け入れる場所 ⇄ それに携る人材


というバランスを保つのは難しくなってくるでしょう。
そもそも人口バランスもアッパー層が多いわけで。。。

そうなると当然経済的に余裕がある層にはなるでしょうが、
海外、そしてその中でもハワイでというのは考える価値のあるものかなと思っています。


・穏やかな気候/海も山も盛りだくさん。
・それぞれにカスタマイズされた健康的な食事(勿論オーガニック!)
・ローカルの方々のあの笑顔
・フラダンス/ウクレレなど習い事も多数。


そして墓地もあれば教会もあり、宗教を問わない埋葬も考えられます。


php
(ソース:https://www.google.co.jp/search?q=hawaii+cemetery&hl=ja&biw=1268&bih=592&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiyrYqr3LTMAhUX7WMKHRZpBxoQ_AUIBygC#imgrc=fHDC3lmuT6WppM%3A)

そして何より住んでみると、なんだかんだでずーーーと住みたいなと思わせる
’吸引力’が凄いのです。うまく言語化できないのですが、、、


勿論、色々考えて行かなければならない問題も多数有り、
・ESTAで事足りぬのか。。。(90日、、)
・税金等どこまで関わってくるのか??

さらには施設を作るとなると、それはそれはオーバーミリオンな投資が必要なわけで、、

ただし、どんな場所で死ねたら、いい思い出になるかなーと考えるのはこれはこれで
楽しい想像だったりします。

まずは気持ちのよい風が通る'気'のいい病院が近い(さらには波音まで!)土地探しから始めようと思います・・・