先に申し上げておきますが、完全に違法です。

しかし、実在するのもこれもまた事実です。

知人から、バカラができるカジノがあるから行こうと
誘われ向かった場所は、アラモアナ周辺。時刻は23時過ぎ。

途中、カジノスタッフと合流し、導かれた先はイメージ通りの地下。
複数の見張りと思われるガタイのよい男性と複数の防犯カメラを
抜けた先は、20畳ぐらいのスペース。

数台のバカラ台と古めかしいスロットマシンが並んでいます。


カジノ3



カジノ2
(画像はイメージ)


それとなく店内を見渡すと、全員中華系の方々。
話しているのは英語ですが、中華系のなまりも強いです。

スタッフも中華系、ディーラーも同様です。

恐る恐るバカラテーブルに着くと、まずは流れでチップ交換。
お客は8名ほど同テーブルに。

その流れで、bet。開始。
・バンカー。負け。bet。
・プレイヤー 勝ち bet。

すんなり流れに乗れましたが、特別好きでもないので、
周りを観察です。

恐ろしく目力のある推定年齢43歳、女性。
勝ちまくり。勝負所のカードをめくる姿は惚れ惚れするほど。
ほぼ、彼女のbetに乗っかった。映画のように、ゴムで止めたドル束を初めてみた。


なぜだかカレーとウーロン茶を強くお勧めしてくれるお店スタッフ、56歳女性。
聞くと無料で食べ放題のよう。が、こわいので、遠慮する。


お店の奥でパイプ椅子に座ってじっと見ているスタッフらしき、49歳男性。
イカサマを見破ろうとしているのか、店のマネージャーなのか、、、
まだ何かを見ているようで、見ていない目が少々恐怖。

と、個性豊かなメンバー達。

そっと、聞くとお店は午後早めの時間から、深夜またいで朝まで営業しているよう。
もちろん、常連がほとんどで、きちんとした紹介がないと入れないよう。。。

もちろん、チップは奥の奥にある交換所でキャッシュと交換ですので、普通の?カジノです。


その数ゲーム続け、
外にでると、すっかり朝。

ハワイの優しい陽の光とのギャップに戸惑う
ディープな体験でした。


ヤシの木4つ!

review_4
俺たちの格付け:4
 
場所は非公開!!