マッチングと聞くと、昔はビジネスマッチングの事という意味合いで使っていた

気がするが、今やほぼ、「出会い系」の意味合いになっているようだ。

 download-1

ビジネスマッチングサイトを探そうと思い、マッチングを検索したら、

出会い系(もうそう言わないんだよね!)じゃなく、マッチングサイトやらアプリが出てきて、
いわゆる男女が出会うサイトやアプリの情報が出てくる。

 

 

シェアリングとかもいうけど、要は、

空いている時間の人と、配ってほしい店や、空いている輪転機と、刷ってほしい人、

スキルが有る人と、そのスキルを使いたい人、空いている土地と、使ってほしい人。

などなど、マッチングだよね。と思ったりする。

 download

まあ昔から、言い換えによって、新しさ感を出す。みたいなことだったり、

言い方を変えて、わかりやすくなったので、定着する。ようなことは

多々あるので、別に良い。

 

 

ただ、思うのは、マッチングビジネスをどう捉えているか?

という想いはやはり重要なのではないかと思う。

暇なんだから、やりなさい。とか、儲かるからやりなさい。倒産するまえに、やりなさい。

ということだと、ロイヤリティも何もないので、すぐみんなやらなくなったり、
使わなくなったりするのではないだろうか?

 

出会い系と、結婚相談所と、友人知人の紹介の飲み会と、

やはり違いがあると思うが、具体的に何が違うかといえば、何も違わない。

ただ、そこには、結婚相談所なりの想いや、友人知人の想いがあるから、

信用度も変わるし、会ってみよう!と思うのではないだろうか?

 images

 

◯◯◯イーツの配達員さんにも、違いがあるし、

全く同じ機能を持った別のアプリを使用したら、ぐちゃぐちゃになったご飯が届いたのでやはり違う。

美味しいご飯を届けたい。という想いが、そのアプリの会社に本当にあるのか?

あるとしても、配達員とは、その想いは、シェアされていない。

 

何かをマッチングしたいのであれば、会社の想いと個人の想いを、
ちゃんとマッチングできた人を雇ってくれ。と切に思う。

 

  

世の中、便利になるのはいいけど、雑になるのは辞めてほしい。

どこまで行っても、人が使うものなので、
人の気持ちと人の気持ちをマッチングすることが、
◯◯と◯◯と結びつけるより、重要なのでは?