男性は、コンプレックスとプライドの生き物だ。

と、何かに書いてあった。

 

これには、私も共感する。

だいたい、この2点で解決するような気がする。

 images

 

Aさんは、学歴というモノで、コンプレックスを抱き、お金を稼いでいる。

というプライドがある。

ゆえに、自分より学歴ある人に敵対心を持ち、その人の指摘を素直に受け止められず、
金を俺は稼いでいるので、自分が正しく、それを突き通す。

したがって、成長がない。

 

Bさんは、学歴にプライドを持ち、人間的に尊敬されていないというコンプレックスを持っている。

ゆえに、余計に学歴や、自身の居る会社の規模感や、そこでの地位を語り、
尊敬の念をいただくこと事を、強要し、さらに尊敬されない。

 

どちらにしても、負のスパイラルに入る。

 

 

好循環に持っていくためには、コンプレックスを認め、それを補うために努力する。

変なプライドは捨て、素直に第三者の意見を取り入れ、実行してみる。

ことが重要ではないだろうか。

 

と思うのだが、なかなか難しい。

自分自身で置き換えても、否定ばかりされると、コンプレックスがコンプレックスを呼び、

今まで積み上げてきた、自信や、プライドも邪魔し、素直になれず、
もう1人でやるからいい。と投げやりになる。

 

誰かしらの協力は、必要になるはずの社会で、

うまく、その人のコンプレックスを理解し、そこをフォローし、

その人のプライドを持ち上げながら、推進していくのだろう。

 images-1

はぁー面倒。

と思いつつ、誰かにいつも支えてもらえる。
という自信とプライドを持って、今日も、今週も頑張りましょう!