私は、ずっと広告関係の仕事をしています。

もう少し細分化すると、インターネットからのCRMCRMからのブランディング。

というカテゴリーで推移していますが、
根本は、ある製品やサービスを、いかにターゲットにその良さを伝えていけるか?という仕事です。

 

数多くのクライアント(発注主)や、同業者と会ってきて、話をしてきましたが、

多くあることは、何かを否定し、自分の存在感を出す。ということ。

 images

 

ついこの間もあったのだが、

「この意図がわからない」「なんでこんなことになったのか?」「全然考えられていない」

「その表現は、誰のために言っているのか?」などなどなどなど・・・・。

 

思わず、笑ってしまう。

思わず、何か悲しい気分になってしまう。

 

今のメディアもそうだが、「否定」は正直誰でもできる。

つっこもうと思えばいくらでもほころびなんてあるだろう。

 

なぜなら、その時のモノは、そのトキの状況で作り上げられたものであり、

そこに行き着くのは、こちらの広告業界の人間の意思や意図ももちろんあるが、

その当時のクライアント側の意思や、意図や、状況、他部署との連動などなど

様々な要因があり、こういうものになったのである。

 

それを、何も理解していない「やつ」があーだこーだ、否定するのは楽である。

そして、自分の方が優れている。という優位性を出すこともできる。と勘違いしている。

 

また、この否定する「やつ」は、自分の正しいを押し付け、結果的に

全然大したこともない、無難な効果も得られないような「普通」のモノを作り出す。

否定した結果、いずれ、自分が否定されるのを、心の奥底でわかっているので、

それを回避し、「え、、、普通すぎ、、、」「全然心揺さぶられない、、、」

というものを作り出す。

 


いい加減、「揚げ足を取る」みたいなことやめません?

この業界の人たちのレベルが低すぎるのか、、、自分の立ち位置だけを上にしたいのか?

それとも、日本全体がそうなのか?怖すぎる。。。

 

否定は楽です。

否定から入るは、自分がより良い風に見せれるだけで、

本質的には、だいぶ、惨めな人になっています。

 images

否定に重きをおかずに、

良い良いものを作るための「熱意」「アイデア」「時間」を使いましょう。


絶対おいおい「否定するやつは、否定される側に行く」からね。