自民党総裁選が行われている中で、経済をどう立て直すか?

という議論がある。

 

いろいろと意見ややり方もちろん、あるみたいなのですが、

個人的に、へーなるほど、そういう考え方もあるのだな。と思った事がある。

 download

 

まず、現状の日本は、実体経済がよくなっているわけはない。

経済がよくなる未来もあるわけがない。

 

技術は、世界各国に追いつかれ、日本伝統の高度なセンスや、文化も失われつつあり、

ワクチンも、治療薬だって開発できずにほぼ、他の国に頼っている。

 

でも、日本の株価は安定どころか、劇上がりです。

これは、

1.今は、人口が結構居る

2.国が税金で、株を買っている

3.今は、先進国でいるので、海外から投資される

4.他の国が逆に不安定でもあるので投資先の選択肢がない

などそんな感じ?

 

で、今後の対策として、

国内大企業も内部留保が多いので、だいたい、ものすごく儲かっていても、

税金を払うわけでなく、会社の中でお金を貯めて、雇用者にも払うことなく、

今の上層部が儲かる仕組みである。

これを、どうにか、税金などとして、巻き上げて、広く配るのか?

社員たちに配らせるためにどうするのか?

ということを、総裁選では議論しているようだ。

 

なんだか国が考える事って、そういうことなのかなと思ったりする。

会社のため、社員のため、社員の家族のため。は、会社が考えろよ!と

私なんかは思う。

 

そんな中で、とても、外資っぽいが、

人材の流動化が非常に重要だという話もでていた。

優秀な人が、自分にあいそうな会社へ次々と移動する。

もしくは、会社が、自由に社員を首にできて、その人材も含め、流動させる。

ということで、社員たちの給料アップを図りましょう。ということのようだ。

 

賛成か、反対で言えば、賛成だし、法律で、規定されていること、

ルールが存在するので致し方ないけど、そういうのも、

会社が考えて決めればいいのにと思う。

 images-1

 

今の政治家達に変革を起こせると思えないし、そんな気もサラサラないと思うが、

世の中、権力者や、資産家は、ずっとそこに留まっていられる仕組みだし、

金持ちが、より金持ちになれるこのルールはどうにかしないと、

今の若者のように、やる気がみんな無くなっちゃうよ。

 

 

本当に、自由な社会で、実力社会であるのであれば、

常に、努力して、頑張っている人がいつでも報われるようにならないと。

それが、一回頑張ってご褒美受け取っても、それが永遠と、何世代にも、

続いちゃうような仕組みはいかがなものだろう?