適した材料を適した所に置く。

その人の性格やスキルを鑑みて、適した部署や、役職、役割を担わせる。

 

これも永遠のテーマでしょう。

 download

いろんな人と話をしていると、この人は、社長に向いているな。とか。

この人は、社長タイプじゃないな。とか。

この人は、オーナー兼社長だな。とか。

オーナーでいるべき人だな。とか。

なんとなくその程度は分かる。

 

それは感覚的なもので、その人の持つオーラや、話し方や、
きっとこういう事がしたいのだろうなというので、なんとなく分かるものだ。

 

組織を大きくしたり、会社をいくつもやったりとするならば、

社長の重要な采配である、どんな人をどこに配置すべきか?

適材を探し出して、はめ込んでいく事が必要だ。

 

新規事業等の場合、人が決まっているけど、その人をどうはめればいいのか?

そもそも、適材じゃないのだろうと思ったりもするが、前に進めなければいけないので悩む。

 images

でも、すごく単純な話、

意外と人は、見かけで判断できたりもするのではないだろうか?

上に書いた、なんとなくこんな感じかな?が合ってたりもするようなので、

そう考えてみようと最近思った。

 

きっと、あの人は、身長高くて、見た目も悪くない。

意外と内弁慶で、のんきで、頭は良くない。

でも、知り合いが多くて、きっと年上の人も、後輩にまで可愛がられる性格なのだろうな。

と想定していくと、、、

うまく人に使われる看板娘のような???

 

んー、、、ちょっと違うか。。。難しいのである。