世の中には、騙す人と、騙される人がいる。

 

騙すやつは、騙しているというよりも、自分にとって都合の良い、嘘をついている

という感覚らしい。

もっと言えば、嘘ではなく、相手を説得させるための言い訳というか、

作り話をした。ということのようだ。

 

逆に騙され続けている人は、その人の話を本当だと思っているので、

気がつくまでは幸せである。

気がついたときの事を考えると、哀れで悲しい時間を浪費してしまったなと

同情する。

が、騙され続ける事によって、幸せなので、

どうにか気が付きませんように!と祈るだけである。

 

いずれにしても、いつかは絶対にバレるとは思うけど。

 download

 

この二択にしか世の中にはないとするのであれば、

ちゃんと、騙され続けたいなと個人的には思う。

ただ、絶対にバレないようにしてほしい。それが騙す側のルールと思う。

 

 

第三の選択肢があるのであれば、本音で信用のおける人たちとだけ

一緒に仕事も、プライベートも過ごしたいと強く思う。

 

多かれ少なかれ、

プレゼンのときに大きく見せる。

確実性があることを訴求する。

説得するようにロジカルに固める。

余計な事は言わない。

なども、「騙す」ということかもしれないと思うと、

どっちにも振れちゃう世の中なのかなとも思ったりもするが、

人の道は外れてはアカン!

 download

これまた、いろんな人の考え方で、「人の道」の定義もあるので、

結果的には、これもまた感覚論であり、自分自身の考え方である。

 

 

あの「騙しているやつ」と、「騙されているやつ」は、

その後、どんな人生を歩んでいるのだろうかと、そんな事をふと、思い出し、

こんなブログになってしまった。。。