若者に借金を背負わしたらいかん!

国債発行はもうダメだ!

 

ゆえに、借金が膨らむので、消費税を上げる。保険年金を上げる。

 

などとよく耳にします。

 

 

私には、この話もピンと来ていません。

誰か教えて欲しい。

 

 

そもそも、借金なんてどこの大企業もしていますし、

会社が大きくなるため、成長するためには必要なことです。

 

その会社が返済できなくなれば、倒産もしくは、大企業であれば、買収されるでしょう。

継続、存続している限りは、永遠と借金額は、上下しますが、

なくなることはなく、進むはずです。

お金を借りる、投資する。運用する。返しながらも繰り返す。

これが普通の大企業です。

 

 images

そう考えていくと、国も「日本」が存在している限り、

返済しつつも、借りる、返す。を繰り替えていくだけで、

今の若者に、つけが回る。という理論がよくわかりません。

最悪の場合は、「日本」が、他国になる(買収される)。ということがあるかもしれませんが、

その場合でも、日本人の若者が、払わされる。とは到底思えませんし、

ありえないと思います。

ギリシャだって、イタリアだって存続していますからね。

 

また、金利も、自国通貨の発行も、国が基本的に決める中で、

いくら借金したっていいじゃないか!と思ったりします。

刷って刷って、インフレ起こす前にちょっと調整すればいいのでは?

と思ったり。

 

と全くのド素人ながら、私は思っておりますし、

モノの見方を斜に構えている私としては、こういうのも「国」の洗脳で、

税金は、いっぱい払わざる得ないと思わせるための戦術なんじゃないか?

と思ったりしています。

 download

 

前回のブログもそうですが、

そもそも論、もっと経費削減することと、いっぱい金ある人から取りなさいよ!

と思います。

 

大金持ちになったら、喜んで分配するけどな。

 

みんなが同じ程度のお金と時間を持てれば、そこからは、人間性、人間力の勝負です。

そういうところで、日本人、日本国は、世界に、地球に、

貢献できるのじゃないかなと思います。