だって。だって。だって。

このワードは危険だ。

 

◯◯が言っていた。◯◯が言った。◯◯も言った。

◯◯に誰が来ようとも、危険だ。

 download

 

言い訳を辞書で調べると、

① 物事の筋道を明らかにして説明すること。言説。解説。

事情を説明して、失敗などの弁解をすること。

と出てくるので、1の場合は、論理的に説明をするということなのだろうから

良い事なのでしょう。

2の場合の言い訳はまずいと思う。

 

基本的に、自分の保身や、失敗を他人のせいにするために、

2の言い訳が存在していると私は感じていて、

それを今からします!というスタートが、

「だって」「言った」

のワードだと思っている。

 

 

だって、あなたがそう言ったのだから私はそうしたのだよ。

 

これは、言い訳する人の特徴であり、このセンテンスを聞くと、

がっかり、うんざり、もうダメだ。。。と思ってしまう。

 

 

そもそも、主体性や、自分に考えがないのか?

どうにか取り繕うとしているが、既に失敗をしている。

自分のミスを認めようとしない姿勢。

ゆえに、成長がない人。

ゆえに、さらに、劣化していく人。

 

ということを、宣言している。と思えると、こういう人とはもう

付き合いたくないなと感じてしまう。

 download-1

自分もそうならないようにしなくちゃ。と強く思うのと。

こういう人が現れたときは、大抵何も前に進まない事が多いので、

お気をつけを!