尊敬をしてやまない松本人志さん(本当は島田紳助さんみたいだけど)
が若い芸人のために作ったと言われる、

漫才の日本一を決める大会。

 images-1

今年は、錦鯉という、苦労してきたコンビが優勝しました。

50歳と、43歳のコンビだそうです。

 

毎年、みんなが一生懸命、まさに人生をかけて、そこに邁進する姿と、

優勝した時の「やった」のリアクションで目頭が熱くなるのですが、

今年は、審査員の人たちの反応もあって、泣きました。

 

50歳という年齢でも、エントリーができ、そこから立ち上がれるチャンスがあり、

一発逆転できるこのシステムは本当に素晴らしいと思いますし、

そういう日本で良かったなと思います。

まっちゃん、すごいっす。

 images

 

ビジネスにおいて、若い人たちが、若い人たちに向けて、

新しい事を興し、それで、ビックチャンス、ビッグビジネスにつながる仕組みは、

それはそれで、必須だと思いますし、ある程度有るような気がしますが、

今回のM-1のように、ずっと上手く行かない、ずっと苦労してきている人。

要は、おじさんが、一発逆転できるようなシステムがあるといいなと思いました。

 


うちの会社も、15年目という、M-1ではギリギリエントリーできる年で、

私も50を迎えるにあたり、一発逆転、夢のあるような物語を、

皆さんにお届けできたら、明日への活力と、感動と涙を

届けられるのだと思っています。

 プレゼンテーション1

今年は特に、クラファンサイト「プロット」にお金も時間もかけていますが、

やはり、ここのサイトに、夢と希望と、サクセスストーリーを掲載できるよう

になればいいのだと、確信しています。

 

そう考えれば、おじさんの出演者が欲しいなー。

それはそれで、もっと感動するのかもしれないと考え直した、

良い、M-1グランプリでした。

錦鯉のお二人、本当におめでとうございます!

笑いと感動をありがとう!