コロナウイルスに、地震。大雪に、噴火。

本当にいろいろと世の中あるものだと思います。

 download

東京には、関係がなかったですが、土曜の夜から

日曜にかけて、ずっと津波警報の画面がでているので、

あの、3.11を思い出さずには居られませんでした。

 

あの頃は、本当に悲惨な日々でしたね。

TVをみても、ACと、地震関連のニュースしかながれていませんでした。

コロナでも、ニュースはコロナのことばかりですが、普通に

バラエティもあったし、ドラマも行われていましたので、

東日本大震災とは全く違う状況でした。

 

さておき、コロナも東日本も、今回のトンガ沖の噴火も

想像を超える◯◯◯が起きたのです。

 

 

さて、気象庁が、津波警報、注意報を出すようなのですが、

気象庁も観測したことがない、経験したことがない状況で、

警報の遅れなど混乱が続いたようです。

繰り返される事もあれば、よきせぬ事も起きたりする世界です。

 download

 

逆に返すと、経験したことが有ることに関しては、ある程度対応ができ、

経験したことがないことに関しては、全く対応できません。

というのが、世の中の常みたいです。

AIくんもそうですが、いろいろと勉強、データを食べさせないと

覚えないのですから、過去のデータが重要みたいです。

 

さらに言えば、これは経験がない!ということがおきる

経験をしたのだから、それを、データ化すれば良いような気がします。

 

経験したことがない事が起きる

注意報を出す

結果、想像していなかった現象が起きる

or

全く何も起きない

 

注意報の無駄の知見にはなりそうだけど。

想像をしていなかったことが起きて、◯◯の確率で、◯◯◯くらいは起きるかも?

とはならないものなのだろうか?