閉幕しました。

こう外出が自粛されると、TVを見るしか無いので、

夏冬のオリンピックを去年、今年と満喫しました。

 download

しかし、北京で行われた開会式は面白かった!

とても、よくできていたと関心しました。

訴えているテーマとの連動したコンテンツ。

映像の作りとリアルとの融合。

大掛かりではなくシンプルな構成。

予想を裏切るエンディングに、質の向上。

東京よりも、数百倍、数千倍面白かった。

完敗ですね。

 

中国で、あういうエンタメ、演出ができるとすると、

日本はやっぱりコンテンツ作りには向いていない国なのでしょう。

発想力や、創造する力がやはりかなりの部分で欠如しているというか、

世界には通用しないのだと思いました。

 

やっぱり、中国は、歴史が長いし、自ら何かを生み出してきたのでしょう。

素晴らしいと思います。

合っているのか?よくわかりませんが、

歴史的にみても、日本は、稲作も中国からだし、言葉(漢字)も、宗教(仏教)も

ほぼほぼ、中国経由だと思いますので、何かを作り出す。

というのは、中国頼りであるので、それは無理!ということなのかと感じました。

 

中国が紀元前より、戦争をして、国というのを考え、国民に想いを寄せ、

法律を作り出しているとき、日本は稲をようやく作り出しているということだと

思うと、敵うわけがないなと思います。

どこまでいっても、日本は、世界、中国の模倣をし、

それを、カスタマイズし、その精度を上げるというのが得意なのだと思う。

車に、電化製品に、半導体とか?みんなそうだ。

 download-1

なので、今後の日本も模倣する、その質や精度をあげていく

というのが、せめて日本が世界に通用することなのかな?

と考えると、

Tiktokの日本バージョンを作ればいいのだろうか?

それだと、今現在の日本のIT業界と一緒か、、、


じゃ、コロナのバージョンアップウィルスバラ撒くからの薬かな?