人生にはいろんな岐路がありますよね。

その時は、きっと気が付かないと思いますが、

後にたって、あの時のあの選択は正しかったのかな?とか、

あの時、あっちを選択していたら。とか。

 

そういう経験ありませんか?

 

あまりこういう話を、友人知人としたことがないので、

みんなに当てはまるかわかりませんが、私は結構あります。

 

 

小学生5年生のとき、今でも思いますが、

転校したことをきっかけとして、「野球をやる、やらない」を選択しました。

小学生4年生で、レギュラーになり、守備は完璧、後は打つ方頑張らないと、

と思って、打撃を練習はじめて、うまくなりつつあるときの転校でした。

 4154883_s

その時は何も思っていませんでしたが、どこかで辛かったのか?

野球をやらないの選択をしてしまいました。

結果、2年間丸々野球に触れず、中学生になってまた再開するのです。が、

中学1年なんか、球拾いと走る事しかできないので、ボールにも触れません。

すると、3年間も野球やってない。

2でさえ、キャッチボールだけです。うまくなるはずもないというか、

4年も野球やってないのだから、うまいはずもないまま、野球とおさらばです。

 

あの時やっぱり、野球やって、甲子園目指したかったなと今でもふと思います。

スポーツはわかりやすく、わかりやすいモノを目指すべきものです。

 

 

いろいろとありますが、もう一つは某会社と連携してビジネスをしよう!と思っていた頃です。
1年くらいは一緒に頑張っていました。

ただ、どう考えても、うちが仕事を上げて、手伝わされ、全然儲からないというか、

絶対、赤字になっていく仕組みになっている。と思いつつ、

もう少し信じてみようとずるずる、1年。

 

そしたら、その某社長はとんでもないペテン師であることの確証を掴んで、

ようやくおさらば。

 

気がつくのが遅い。人を信じるのも大概にとも思いますし、

もし、確証を掴んでいなかったら、人に恨まれつつも、小金持ちにはなっていたかも。

とも思ったりします。

 

 4248821_s

あの時こっちの選択をしていたら、、、人生は大きく変わっているでしょう。

もう一回同じ人生を歩んでも、きっと、同じ選択をしちゃうとも思いますが、

人生は、選択、選択の瞬間瞬間で成り立っているのだなとしみじみ思う、

今日このごろです。

そして、今も、すぐ先の未来も選択し続けるのです。