今、日本は円安で、デフレで景気悪化中。

お金は世の中にジャブジャブ配りまくったので、物価はあがるし、

円安もあって、物価も上がるけど、給料は増えないということのようです。

 

私は、自分の会社を作ったので、給料は自分で決めるだけではあるものの、

考えてみれば、この十年給料はあげてないので、実質賃金は下がっているということです。

 

サラリーマン時代は、一応役職があがったり、給料が多少上がったりしていたので、

良いとして、その分当たり前ですが、売上もあげないといけない。

役職が上がると、クライアント側に請求する単価も上げるというルールもあったので、

クライアントと交渉というか、会社で決まっている事なので、、、と告げたりもしました。

 

クライアント側も、その社会のルール的な事がなんとなく分かっているので、

揉める事はなかったような気がします。

 

 

逆に、独立してから、単価をあげようとすると、めちゃくちゃな論理で、あげさせてくれない。
世の中、物価もあがっているので、当たり前だと思うのだが、

私達のような、プランを売っている会社は、その対価が見えにくいのか?

上げるのを拒まれたりもする。

 23563497_s

 

アイデアをパクられ、こっちの人件費は無視され、

何かモノに置き換得られた場合は、認められたりする。

 

日本社会が低迷しているのは、個人的にはそういう考えだからだよ。

と思ったりもします。

 

アイデア=考えること=人件費は、サービスで、

何かをモノを作った場合のみお金がかかります。という精神。

 

欧米なんかでは、アイデア有りきなので、そこに一番コストも時間もかけ、

それに見合う対価を支払うは当たり前の気がするが、日本はそうなっていない。

 

私の食い扶持をなんだと思って、人の人生をどう思っているのだろうか?

考える事に、ちゃんと対価を払いなさい!とつくづく思う。

 

景気が悪いし、物価もあがるからこそ、給料もあげてもらわないと日本全体が困るのですよと、
ちゃんと分かる人と仕事しよう、、、と思う今日このごろでした。